今日もまた違う一日

今日もまた違う一日

おばあちゃんが認知症になった時のお話です。

家を処分する日 1

 

もうずいぶん前のことなのですが、Yahoo!の「話題」で評判になっていたのをやってみました!
マックのフライドポテトに、無印のチリコンカンとチーズをかけてレンジでチンすると、ウェンディーズのチリチーズフライになるというものです。

 

当時は、チリコンカンが売り切れて?
この話題の生だったのか、偶然にも品切れだったのかはわかりませんが、入手できなかったのです。

 

それで、今頃になってやってみました!

 

お、美味しい!!

 

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

f:id:zerohours:20190915193258j:plain

 

出来上がりの写真を撮る暇もなく、食べられてしまいました。
そして間に合わず、オムレットくんのくちには入りませんでした...。
 

 

 

 

SWATCH 2020年 東京オリンピックモデル

 

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 

~~ 家を処分する日 1 ~~

 

 

実家に片付けに行ってから、六ヶ月ほどたちました。

 

母は波はありますが、なんとか過ごせています。
バスで来られなくなった辺りから、徐々にうちの手伝いもできなくなってきています。
これまで洗濯物を干してくれていましたが、畳むことだけです。

 

仕分けが出来ません。
タオルも、毎回たたみかたがバラバラになるのでした。

たてに長めにしたかと思えば、正方形にして、それをつみあげていきます。

 

一日何十件も所かまわず電話が入るので、ついにブロックしてしまいました
しかし母と話したいこともあるし、電話もしてあげたい。
ブロックしてもこちらからかけることはできます。
(生涯で電話をブロックしたことなど一度もないので、そんなことやってみるまで知りませんでした)

 

「もうずいぶん長くここにいたわね。家族とも触れ合えて良かった。そろそろ帰る時期!」という発言が頻繁に出ます。

 

でも、実行に移そうとはしません。
それが以前との大きな違いでした。

 

薬で抑えているからか戻れない事をすぐに納得しますが、抑えられているだけです。
願望はあるが実行できないので口に出さないだけである、という感じです。

 

心にもやもやと溜まっている不満はありそうです。
でも、それにどう答えてあげればいいのかわかりません。

 

これが認知症介護の一番つらいところだと思いました。

 

 

 

 

そんなとき、なじみの工務店さんから電話が入りました。
不動産屋もかねており、広告を出してもらっていたのですが、家を買いたいという方がいらっしゃるそうです。

 

オムレットくん「りきちゃん!逃避しないで!!」
一報があってからとりあえず布団をかぶって寝てたら、怒られました。

 

うちは坂があるし、周囲にお店もないです。
おなじみの店は次々に閉店していきました。
車があれば郊外型のモールもあるし大丈夫ですが、ないと厳しいです。

 

うちの家のあるあたりは昔、山沿いに広がる広大な住宅地でした。
同じ世代の子供たちがいっぱいいました。
今は、住宅地に家だけは残っていますが人影もなくシーンとしています。
8クラスあった小学校も2クラスになり、今度1クラスになってどこかと併合になるのではないかと聞いています。

 

みんな、どこに行ってしまったんだろう?
母は6人兄弟姉妹で、わたしを含めて7人のいとこたちがいますが、誰一人地元に帰っている人はいません。

 

5人までが関東、2人は関西にいます。

 

仕事の関係もあるけれど、みな地元で就職しようとはしなかったのです...。
仕事がないから?

 

田舎に行くと、さびれっぷりとお年寄りのあまりの多さにたまに本気で不安になります。

 

そんな立地ですし、長いこと売れないのではないかな~と思っていたので、びっくりしました。

 

それと同時にがっかりして、不安になりました。
母が一体、どんな反応をするだろう?と思うと同時に、自分もやっぱり…。
生まれ育った家なのです。

 

 

「あのね、お母さん。家を買いたいって人がいるんだって」
そう切り出すと、母はぎろっとこちらを見て言いました。
「売れた?」
「う、うん」
「そうね、売れたか!」 

 

 

 

 

→→ 家を処分する日 2 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


たべるなきけん フグ 抱きまくら 

 

 

閑話 たぬき

 

 「大変!!」
「どうしたの?」

 

オムそばちゃんがお風呂場にかぎをかけて閉じこもってる!

 

「開けてー!!」

 

洗面台も洗濯機もあるので、そこに閉じこもられると本当に困ります。
お年頃なのでわかるのですが、おふろ自体にもかぎはあるのです!
そっちだけかけてくれればいい話なのです!

 

オムレットくんが出てきました。

 

「なんでだよ~りきちゃんたちだって部屋にかぎをかけたでしょ!」
「うう…」

 

今日はおばあちゃんが家に来ていたのですが、久しぶりで興奮したのか、テンションが物凄かったのです。

 

私がいると、かえって興奮してしまうようでした。
帰る帰る病(うちでは帰宅願望のことをこう呼んでいます)の延長だと思うのですが、所かまわず私についてまわり、腕をや肩をつかんで激しく揺すっては
「ねえ、どうしたらいい?わたし、どうしたらいいん!?わからんのよ、どうすれば!?」
と繰り返していました。

 

私の姿が見えるのがいけないのかな?

 

あんまりうるさいので、とじこもって部屋に鍵をかけてしまいました。

 

オムレットくんはその時、かぎをかけたのとはとなりの部屋で昼寝をしていました。
昼寝でこの騒ぎには気付かなかったのかと思ったら、全部聞いていたようです。

 

「相手してやってよ~!二人きりにするなんてひどい」
「ごめんごめん」
「なんでぼくが相手しなきゃなんないの」
「あれからずっと相手してたの?」
「しない」
付け加えました。
「たぬき」

 

たぬき寝入りをしてたってことだな…。
たぬき。
笑ってしまいました。

 

「興奮している時にはくるみくんを呼ばないと」
「くるみにばかり頼るのもなあ」

 

くるみくんがいるとおばあちゃんも落ち着きます。
「あの子の声を聞いたらイライラがすうっと抜けて行った」
などと言います。

 

「一緒に暮らすのは厳しいねえ」
「住んでしまえば、もう気にしなきゃいいんだよ」
「くるみくんは、おばあちゃんがうるさくなくても、いるというだけですごく気にするよ。そういう子だから」
「そうだね、そういう子だねえ」

 

二人で黙り込んでしまいました。
事態は少しずつ変わっていきます。
悪化という言い方はしたくないけど、もう戻らないと思うのはとてもさびしいことだなあ…。
 

 

 

 

 

 

 

→→ 家を処分する日 1 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


純国産線香花火セット / 西の線香花火と東の線香花火(30本入り)

 

 

やけど事件 2

 

こんなに停電が長引くなんて…
台風が来た時、オムレットくんがが真っ先に
「充電!充電!バッテリーに充電!」
と、言ってました。

 

実は私、駐車場のポールに車をぶつけていました。
みごとにへっこんだ車を持っていくと
「今、工場がフル稼働なので時間がかかります」
と言われました。

 

そうか台風!
こんな時に、自分がぶつけた車を持っていくなんてお邪魔しました。
という気分になりました。

 

しかし、へっこんだ車を見ると自分の気持ちもへこむので、やっぱりなおして欲しいです。

 

 

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 

~~ やけど事件 2 ~~

 

 

母が
「今朝、痛くて眠れなかった!」
とうったえます。

 

今度は所長さんが応対してくれました。
「やかんの湯気でやられた、と仰っているんですが...」

 

やかんの湯気で手の甲を怪我するというのがどうも腑に落ちません。

 

「やかんのふたを取って、湯気に手の甲をかざさないとこういうことにはならないですよね?」

 

しかも同じ所を二回目です。
いったい、どうしたんだろう。

 

「しかも、薬を塗って上から貼っても、はがしてしまっているみたいで…」

 

オムそばちゃんが横から無遠慮に開口一番
「おばあちゃん、わざとやってるんじゃないの!?」
「……………」

 

みんな沈黙してしまいました。

 

 

 

やかん回収です。
ティファール系の倒れにくいケトルに変更しました。
お湯が入れやすく…倒れにくく…転倒防止のあるもの。

 

 

お茶も、急須を回収しました。
すべて、ティーバッグ式のものに変えます。
最近のお茶はとても便利に出来ています!!
日本茶ティーバッグ系があまりにも使えるしおいしいので、うちもこっちにしようかと考えたぐらいでした。

 

母は、何とかしてわたしを、呼び寄せようとしているのかな?

 

 

所長さんが出てくると、顔色が明るくなります。
古い知り合いの名前で呼びます。

 

「あんたがいるからここに来たんやからな!知り合いがいると心強いからね!あんたがいるからここに来たんやからね!この人ね、最近彼女が出来たらしいんよ!」
所長さんがあとで笑いながら否定してました。
「ああやって、色々とぼくの話を作り上げてるんですよ」

 

頼りになります。

 

 

発作のように着信が多い日があります。
寂しい、死にたい、家から出たくない、お金が財布からいつの間にかなくなっている、心臓がバクバクする。

 

パニック状態です。

 

長年の母の友達の話をしたり、好きだった本の話などしてみますが、全く関心がありません。

 

母のお友達から電話がありました。
ものすごくアグレッシブなかたです。

 

「大学の講義を受けているの!とても楽しいわよ!彼女も一緒に来たらいいと思うの。とじこもっているのはよくないわよ!!」

 

すごい...!
しかし、お年を召していらっしゃるのは母と変わりはないので、
「母はもう、そういう状態ではないんです…」
とお伝えしてもなかなかわかってもらえません。

 

そうだよな~。
母がこんな風になるなんて、長年のお友達であればあるほど受け入れられないだろうな、と思います。

 

財布の中身がいつの間にか減っていると言うそうです。
ヘルパーさんに付いてもらって買い物に行っているので、減ることはあるはずだと言うとびっくりします。

 

 

 

 

→→ 家を処分する日 1 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


生活の木 シアバター ハンドクリーム カレンデュラ

 

 

やけど事件 1

 

朝、サンドイッチを作ろうとしているオムレットくん。

 

ゆで卵をむいてと言うのでむくと、お湯の加減でたまにあることですが、奇妙になった卵が出てきて笑ってしまいました。

f:id:zerohours:20190912200435j:plain

 

f:id:zerohours:20190912200530j:plain

そうだゴマで目を付けてみよう。
ゴソゴソ、黒ゴマを取り出していると

 

「!?」

オムレットくんがずっとついてきます。
「どうしたの!?ゴマをどうするの?たまごをどうするの?」

「…………」
「何!?何なの?何をするつもりなの!?」
写真を撮る瞬間まですごく心配してました。

f:id:zerohours:20190912200536j:plain

 

サンドイッチ用のたまごにゴマを交ぜられると思ったんだろうな~😊

 

 

コッコのゆでたまご(レンジ用)

 

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 

~~ やけど事件 1 ~~

 

 

帰ってからは、疲れてひっくりかえっていた記憶しかありません。

 

母は週一回は、地元に帰る発言をしますが、徐々におさまり、落ち着いて来ました。

 

週二回ほどうちで食事を取っています。
車で迎えに行くようにしました。
これは私にとってやはり、かなりの負担になりました。

 

うちに来たら来たで、今度は「ホームに帰る帰る」が物凄いです。
かといって連絡不足は不安になる様子なので厄介です。

 

うちで食事を取った記憶は、翌日になるとほぼ消えていました。
ずっと会っていないと毎回言います。

 

1日付き添って病院に行く日はとても楽しみにしてくれていました。
通帳・現金がないことにやっと慣れ、ホームにも慣れ…。

 

お薬のおかげで、地元に帰る発言・行動は減って日常生活を営む事が出来ています。

 

しかしすべてが順風満帆とはやはりいかなくて、事件はいくつかありました。
慣れてきたかな…とこちらが思っていた頃のことでした。

 

 

 

 

 

最初に電話があった時には、またデイサービスをいやがっているのかな、と思いました。
最近、行く行かないでもめることが多かったのです。
いく、いかん、いきたくない!

 

「やけどをされまして、病院に連れて行って欲しいとのことです」

 

やけどは大変だ!
急いで病院に行きました。

 

手の甲が赤くなっています。
ひどい、やけど…

 

「何でやけどしたの?」
「わからない」
「冷やした?」
「冷やさん」

 

やけどしたらすぐ冷やすことも忘れちゃったのかな…。
介護士さんには、やかんの湯気でやられたと話したみたいです。

 

しかし水ぶくれになることもなく、脅威の回復力をみせて二、三日ですーっとやけどあとはおさまっていきました。
赤い部分は多かったけれど、それほどひどくなかったのか…。

 

 

 

一週間ぐらいあとでしょうか。
また電話が入ります。

 

「おかあさまが同じところをまたやけどなさっているようなんです」
「また同じところ!?」

 

 

 

→→ やけど事件 2 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


開運ひょうたん(八卦太極柄)

 

 

実家の片付け 4

台風が大変なことになっていますね。
うちは関東の方でも比較的無事でした。

 

割とのんきにいつもどおり過ごしていたのですが、千葉の方のニュースを見てびっくりしました。
みなさんご無事でありますように…。

 

少し、腕が回復傾向にあるので、ブログめぐりを再開したいなあと思っている所です。
もっともっと、ヒマがあればなあ~。

 

 

ネコもよう図鑑

 

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 

~~ 実家の片付け 4 ~~

 

 

こうして、父のものも次第に始末されていき、お母さんは忘れてしまうんだ。
覚えている人はいなくなる。
父が新発売の小さめの機械類が大好きだったこと、英語をしきりと勉強していたこと。
考えていたこと、思いや遺したかったものが、風化していくんだ。

 

捨てるものを分別しながらもやもやと考えていると、トイレからオムレットくんの叫び声が聞こえてきました。
「うわあ~!なんじゃこりゃ~!」
のぞきましたが、たいしたものじゃありません。

 

大量の殺虫剤でした。
中途半端に使っているものと、新品のものあわせて複数種類の大容量の半端なく大きな重たい缶です。

 

「誰を殺すつもりなんだ!ってぐらい出てくるよ!?殺虫剤ってこんなに買う必要あるの!?」

 

未使用のバルサン4、5個も出てきました。
むかで対策のものが多かったです。
大瓶で6個も7個も出てくるとちょっとめげる気持ちはわかりますが、このあたりは裏山から大きなむかでが出るのです。

 

さらに奥からもアリコロリ系が3缶ぐらい出てきました。
「どーしてこんなに!?熊ぐらいのゴキブリでも出るの?」
「あなたはむかでの怖さを知らないんだよ!でっかいんだから。ゲジゲジは気持ち悪いし、アリも怖いの!」

 

こういうものなら遠慮なく捨てられます。

 

子供は継ぐだけじゃなくて親の遺したものを選別して消し去り、壊して始末する役割も果たさなければならないんだな。
破壊して捨て去ることが次につながるんだな。
そう思いました。

 

 

 

 

選別している余裕がありません。
とりあえずアルバムなどすべてレンタル倉庫に送ることにします。
子供の頃の私の写真、なんとオムそばちゃんにそっくりです。

 

「こんな所にも何かある!」
こんな所にあるのか、というようなすみっこの収納から、大量に荷物が出てきました。
「お雛様だ!!!」

 

お雛様の前で言い合いです。

 

「どうしても持っていかなきゃだめ?」
「ダメ」
「どうしても?一気に荷物が増えるよ?」
「お雛様だけは…くるみくんだけならあきらめるけど、オムそばちゃんにどうしても見せてあげたい」

 

無理を言って梱包しました。
これのおかげで、送る荷物がものすごく増えました。

 

遠いし、何の荷物があるか正確に把握できないのでその場で決断しなければなりません。

 

ヤマトの集配所に運んだ後の押し問答です。
時間がなく、なんとコンビニから送りました。
(ファミマのお姉さん、本当にすみません)

 

お互いに疲れきってグッタリです。

 

 

 

 

 

→→ やけど事件 1 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


開運ひょうたん(八卦太極柄)

 

 

閑話 オムそばちゃん号泣!

 

凪のお暇を最初から見直していると、いつのまにか時間がたってしまっていました!

 

 

お久しぶりの閑話です。
おばあちゃんの暴走も、とりあえずはひと段落です。

 

 

オムそばちゃんも少し大きくなって、死、や老い、ということを考えるようになっているみたいです。
ときどき、考え込んだり泣いたりするときがあります。

 

「おかあさんしんじゃやだ!」
「いや~、まだ殺さないで欲しいわ…」

 

涙目で訴えてきます。

 

「もし二十年か二十年かたって、おばあちゃんが死なないうちにお母さんがしんじゃうかもしんないじゃん!」
「まあその可能性もあるわね。おばあちゃんものすごく元気だからね」
「そしたらおばあちゃんの面倒みるのあたしかおとうさんかお兄ちゃんに限られるじゃん!」
「ま…まあ、そうだわね」
「あのひとのせわ、とてつもなく難しいんだもん!」
「そ...そこなの~~~~!?」
「あのお兄ちゃんですらぶちギレたんだもん」

 

 

 

先日、おばあちゃんが来ていて私が場を離れなければならないときがありました。
急いで帰ってみると、くるみくん、おばあちゃん、オムそばちゃんが部屋のど真ん中で突っ立っています。
みんな厳しい表情です。

 

「どうした?くるみくん、何かあった」

 

くるみ君、何も言わずにその場から去ってしまいました。
おばあちゃんは、
「みんな意地悪やからな。私のことが嫌いなんよ」
とつぶやいていますが、何が起きたのかはさっぱり覚えていません。

 

こういう時はオムそばちゃんです!
しっかり現場を再現してくれます。

 

「あのね、おばあちゃんがしなくていいっていうのにお皿を洗おうとしたの!」
「手伝ってくれようとしたんだ」
「それでね、入れちゃいけないお皿も入れようとしてて、お兄ちゃんがしなくていいよ、ってやさしく言ったの」
「ふむ」
「こっちに来な、ここに座ってて、ってこうやって連れて行って、椅子に座ったんだけどね、おばあちゃん言うこときかないの」
「ああ~(きかなさそう…)」
「お兄ちゃん、三回ぐらいやさしく言ったんだけど、最後は『さわるなっつってんだろ!!!!なんで聞けないんだよ!!』て怒鳴っちゃったの」

「ああ~、そりゃ悪いことした。お母さん離れるべきじゃなかった」

 

母にもくるみくんにも可哀相なことをした、と思いました。

 

「それでね、わたしも一緒になっておばあちゃんに怒鳴ったの!」
「やめて~~!それはしないで~~!」
「お兄ちゃん余計なことするなって私にも怒鳴ったの」
「………」

 

こうして書いていても、以前のように子供たちに見ていてもらうことも、もう出来ないかなとちょっと思いました。
ぼけのレベルが上がっているというか…記憶ももたないような感じがします。

 

先日の出来事でした。

 

あまりおもしろいお話じゃなかったですが…
ところで…
あの…

凪のお暇、おもしろいですよね...!

 

 

 

→→ 実家の片付け 4 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


純国産線香花火セット / 西の線香花火と東の線香花火(30本入り)

 

 

実家の片付け 3

次々に電車が止まっていますが…
これを書いている時点ではまだ、ぽつぽつ雨が降っているぐらいです。

 

突然ザー!と来るのでしょうか。
暴風も吹いていません。警報だけが何度もなります。
ドキドキです

 

ブルーグリーンティー/青い緑茶

 

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 

~~ 実家の片付け 3 ~~

 

 

 

完全に納得して片付けに入ったわけではないです。
誰もそうなんじゃないかなあと思います。
生活に追われて、必要に迫られて…。

 

ひとりで悶々としていました。
こんな事はあまり考えたくはないですが、いざというとき、があったとしたらです。

 

例えばオムレットくんが事故にあったり、病気になったりしたら?
どうしようなく必要に迫られて、どこか住む場所が必要になったとしたら?

 

 

オムレットくんがレンタカーの後ろをあけて新聞紙を敷きます。
まずは、「捨てるもの」を持ち出しました。
着れなくなった服、もらいもののおみやげ類、ベッドも解体します。

 

本をたくさん、ダンボールにつめこみました。
これは母のところと、借りているレンタルスペースに送る分です。

 

 

四回、ごみ処理場を往復しました。
私がごみを出し、オムレットくんがもって行くスタイルです。

 

 

 

実は…前回の引越しのときのことで、オムレットくんにも話していないことがあります。

 

引っ越し作業で帰った時のことです。
顔見知りのかたが、ひょこっとご挨拶にみえました。
タイミングとしてはまったくおかしなことではなかったです。

 

そうか~お母さんがのう、なんて言いながら、違和感を感じました。
異常なほど私に接近しています。
この距離感は近い。
近すぎる。

 

親しげに話しながらなのですが、こんなに近くに…???
触られたわけでもないし、手もポケットに突っ込んでいます。

 

しかし異常であると感じました。
ありえないタイミング、ありえない距離感です。

 

あの不気味な雰囲気はちょっと忘れられません。
自意識過剰か、考えすぎか。

 

しかし何かちょっと、ショックな出来事でした。
それだけのことで、こちらから何のかんのごまかしながら離れたらそれ以上何もなかったのですが…。

 

正直、今度から絶対に一人では大分に帰らないようにしようと思っていました。

 

(今回は、その方、まったく姿もみえません)

 

ここではじめて書きました。

 

 

 

 

 

 

 

→→ 実家の片付け 4 に続く

おばあちゃんが認知症になったお話 → 目次

 


デスク収納 木製